花粉症が治る・・・?(続編)

以前、紹介した、花粉症がすごくマシになる記事を書きましたが、
その後どうなったのか。結果報告。

花粉症度合い

私は、「普通に」花粉症でした。
普通というのは、時期が来ると目と鼻と喉がそこそこ痒くなる、眼科には一応目薬をもらい、マスクと花粉ゴーグルをして外出していました。
かと言って、少ししか飛んでいないのにそれでも反応してしまう、というようなこともなく、普通〜ピーク時にはちゃんと反応する(?)程度です。

じゃばらとは

以前の記事にはふわっと書きましたが、和歌山の北山村という村にしか生産されていない柑橘類の果物のようです。

じゃばらが、花粉症に効くと言われているのは、じゃばらの成分に秘密があります。
フラボノイド成分「ナリルチン」
が、他の柑橘類と比べて圧倒的に多く含まれています。


とのこと。ナリルチンの成分が、他の果物よりも10何倍もある、という噂も聞いたことがあります。
この、「ナリルチン」が抗アレルギーの役割をしているだとか。

私のレッスン生の方で、重度の花粉症の方がおられ、その方に昨年勧められました。
飲み始めた時期が、もう時期の終わりがけだったので、確かに効果はあったように思えたけど、花粉の量が減っただけだったのか、はっきりしない部分がありました。
昨年、何かのテレビ番組でじゃばらが取り上げられてたようです。
インターネット探してみましたが、売り切ればかりでした。

飲み方

果汁が瓶で販売されているので、それを購入しました。
小さじ1を朝と夕に。

めちゃくちゃ酸っぱいので、炭酸水で割って飲む、など色々飲みやすい方法はありますが、
めちゃくちゃ酸っぱいだけで苦いわけでもないので、小さじ1杯くらい、そのままストレートに飲んでいます。どうってことはないです。

朝と夕と言いましたが、家を出る前と帰ってきた時、という感じです。
慣れてきたので、余分に多く飲んでみたりもしています。少しだけ。
また、炭酸水のペットボトルに入れて持っていきます。

効果は・・・

効果はすごい
今年はマスクもメガネも使わず済みました。
小学生くらいから花粉症でしたが、こんなに花粉症に悩まされたことのない年はない。

ただ、たまに、くしゃみが出ることはあります。
そもそも私は鼻炎持ちというところもあるので、普段からよくくしゃみはしますが、それでもやっぱり多少出ます。
しかし、一瞬だけです。鼻の下がヒリヒリするほどのことはありません。笑

なので、完治します、とは言い切れませんし、実際、完治はしていないのだと思います。
症状が極めてマシになっている
という状況だと思います。

気をつけていただきたい点

花粉症の方には本当に夢の話ですし、早速購入していただきたい、と思いますが、ここで気をつけていただきたい点があります。

必ず、果汁100%のものにしてください!!

私は、探した結果、この商品にたどり着きました。


飲みやすく、少し甘く味付けされていたり、タブレットや飴になっていたり、とありますが、これはなかなか効きません。
果汁が10%、とかになっていることが多いです。
それはほぼ効きません。
効くかもしれませんがかなり時間がかかるでしょう。


手取り早く効きたくないですか??
なら果汁100%をストレートで小さじ1を一気飲みするしかないでしょう。


花粉症に効くというよりは、アレルギー反応になりにくい、という話なのかもしれません。なので、他のアレルギー反応にも効くかもしれません。

鼻水を止める薬など、色々な薬が出てますが、薬は副作用もあるかもしれないし、じゃばらの方が体に良いです。
私はスギ花粉だけなので、これからはマシになっていく一方ですが、ヒノキ花粉の方は是非試してみてもいいのではないかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です