メキシコ旅行記④(グアナファト)

田中静香です。

前回は、カンクンで起こったちょっとした事件(?)に触れてみましたが、

今回は、カンクンの次に訪れた街「グアナファト(Guanajuato)」についてです。

メキシコシティからバスで5時間弱、グアナファトという街に行きました。

メキシコシティに部屋をとり、荷物を置き、チェックアウトをせず、

グアナファトへ。1泊することに。

グアナファト(Guanajuato)

グアナファトとは・・・

メキシコ・グアナファト州の州都である。
人口約78,000人(2003年現在)。メキシコでも豊かな銀山に恵まれ、スペイン植民地時代の美しいコロニアル建築で有名である。歴史的な市街地と近辺の銀山ユネスコ世界遺産に登録されている。
グアナフアトという地名は先住民族のタラスコ族の言葉、「カエルのいる山がちな場所」 (Quanax-juato)[1] が語源であるという説がある。
毎年10月から2週間かけて、国際セルバンテス祭が開かれ、市内にあるフアレス劇場や教会の階段を利用して、セルバンテスの戯曲の上演や、コンサートが催される。

Wikipediaより。。。

らしいです。知らんがな!!ってね。笑

私はインスタでこの街を知りました。笑

ここは、街全体がめちゃくちゃ可愛いかったです。何かのテーマパークのよう。

どこを切り取っても、絵になるような街です。

個人的には、韓国のマチュピチュ、釜山の「甘川文化村」

に似ているなあと思いました。

に、似てへんか・・・笑

結論から言うとめちゃくちゃいい!!!!

そうなんです、めちゃくちゃいい街でした!!!

結構安全そうで、23:00台でも人はいっぱいで、お祭り騒ぎな感じ。

というのも私が訪れた日は、確か金曜日だったと思いますが、

詳しくはよくわからないですが、キリスト教の何かお祭りのような日だと思うので、

教会も賛美歌?のようなもの歌っていて、

町中にいろんな地方の方が集まって、そしてワイワイしているのかな、そんな雰囲気でした。


どこに行ってもだいたい音楽やってて、それに合わせて若い子らが腰振って踊ってる。

とにかく明るい。ラテン系ってこういうこと??って感じ。


めちゃくちゃいい!!!笑

イダルゴ市場

旅行といえば買い物!!

旅先で服を買うのがとても好きで、結構海外で見つけたものを普段よく着ています。

グアナファトにも市場がありまして、それがここ、イダルゴ市場。

めっちゃ安い値段でめっちゃ可愛い服いっぱい売ってて、買い物天国!!

食べ物の市場も入っているので、お腹空いた時はそこでも食べられる。

ここで靴を買いました。ちなみにメキシコは合計で4つ、買いました。笑

足がめちゃくちゃちっさいのですが(21.5)意外と海外の方がサイズあったりします。

ちゃんとしたメーカーじゃなくて、こういうよくわからないお店で、

しかも安く買えます。笑

グアナファトの景色

ケーブルカーに乗って、上からこんな景色が見られます。最高!!!

下(ケーブルに乗る前)の街並みはこんな感じ。

次回は・・・

グアナファトは、そこら中で音楽していました。

特に音楽を目的とした旅にするつもりはそこまでなかったのですが、

そこら中に音楽やエンターテイメントがありました。

そこを外して語るわけにはいかない・・・!笑

次回は、ちょっとしたイベントに参加したので、それについても書いてみようかと思います。

adios!!!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です