D’Angelo/ディアンジェロ

D’Angeloが好き過ぎて・・・かっこよ過ぎて・・・と言うわけでもないけれど、心地よくてずっと聞いています。

以前、「ソウルクエリアンズって・・・」みたいなことを突然思い出したかのように話してましたけど、原因はコレ。

とにかく、「今日は何聴こう」って思ってとりあえずD’Angeloを聞いて気持ちよくなれるみたいな。

Apple musicバンザイすぎる!!笑

Voodoo

「D’Angeloといえば」なアルバムは、「Voodoo」。ソウルクエリアンズの面々とレコーディングしたと言われる傑作。

かっこよさはもう言わずもがな。
彼は、一時期往年のソウルのスタンダード曲をカバーしたりしてることがあったようで(P-funkの曲もカバーしていた!!)、このアルバムなんかは結構そういう時期だそうな。

Feel like making loveは良く聞いたな〜〜

まあ本当にこれは良くできたアルバムというか。
ある意味結構R&Bに新たな風が吹いた感がある・・・笑

Brown sugar

彼のデビューアルバムですが。
アルバムタイトルにもなったBrown sugarは彼の代表曲。

私の中では、Voodooよりもこっちの方が彼らしさが出てて彼のアルバムといえば、みたいな感じはする。

イントロが印象的。
HipHop特有の単調なコードの循環とグルーヴがチルな空気。

チル

そういえば、「チル」って言葉最近流行っているようで。↑チルって言葉使いたかっただけと言うか。笑 正確には「Chill out」らしいですが。笑
結構「チル」を指している音楽が、ソウルクエリアンズの面々の音楽だったりすることもあります。
ディアンジェロや、エリカバドゥやローリンヒルだったり。
「ネオソウル」的なものたちのようで。

でも言わんとしてることはめちゃくちゃわかる気がする。

昔私もお風呂に浸かる時に、こう言う「チル」な音楽を聴きながら湯船で「チル」してましたわ。笑 程よくリラックスできてイイですよ。

Live at the Jazz cafe London

まさに、現代のEarth wind & Fireみたいな感じ!!笑
アルバム名の通り、ライブ版CDなのですが。


Brown Sugarのイントロが出てきた時の盛り上がり方はすごい。笑
でも、まあ盛り上がるだろうな〜〜あのイントロをブラスセクションでやってしまうなんて!!!

Voodooは結構緻密に作り込んでるけど、このアルバムはライブ版やから当然やけど、良い意味で雑で楽しい!

このアルバムに限らず、結構私はライブ音源が好きだったりします。
音とかは断然きっちりレコーディングしてるやつの方が綺麗やけど、生身の興奮が味わえるし、音が悪くてもそれはそれでアリやな、みたいな。

たまに、iPhoneで録った方が綺麗やし、って思うやつもありますよね。笑

実は私・・・

ブラスセクションって言うのがどうも苦手で・・・笑

サックスやってるくせにそんなん・・・って思いますが・・・
なんかもしブラスセクションやるってなったら、ちょっと手抜いてまう・・・
クラスの合唱で口パクで歌う人っていますよね、まさに私のことですよ。。笑

ま、それはさておき、苦手って言うのは厳密に言うと、「お気に入りのブラスセクションが見つからん」と言うことかもしれません。
Earth wind&Fireはまた別のレベルやからあれは大好きやし、JBバンドのんはまた徹底しててそう言う次元じゃないんですけどね。チャーリーパーカーみたいな次元かもしれないですね、JBは。
好き嫌いとかそう言うレベルじゃないみたいな。
JBバンドで音外したらギャラ少ななるらしいですよ。私絶対無理や。

だから!!このアルバムのブラスセクションがカッコよくて、いつまでも頭に残るんです。これは結構私にしては珍しい!!
なんなんでしょうかね、ピッチがすごいハマってる!!とかでもないし、リズムが縦にビターーっと揃ってるって訳でもないと思うんですが(失礼 笑)!

と、まあ、色々聴きましたが、Apple musicを聴き漁ってるような感じです。
ちょっとマニアックなジャズのアルバムとかになってくるとなかったりしますが、ざっくりと網羅してるかな〜って言う。
結構、新しく開拓するミュージシャンとかだと、Apple musicで試しに聞いて→がっつり聞くってパターン多いかも。
すごいよね、Appleって。大好きやわ。笑

そう言う事でなくて!!
つまり、ソウルクエリアンズが最高ってことですよ!!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪