Freddie Hubbardが無意識に好きだったのかもしれない話。

田中静香です。


最近はもっぱらヒップホップと宇多田ヒカルしか聞いていなかったのですが笑、ふとフレディ・ハバード(Freddie Hubbard)を聞き、「あっ!!」って思った話。

Fantasy in D(Ugetsu)

Earth wind &FireのFantasyを仕事の関係で聞かないといけないことがあって探してた時に、たまたまこの曲に出会った。笑
Ugetsu と言う題名にピンときた。
昔買ったArt Blakeyのアルバムにこの曲が入っているのを思い出した。
なぜか頭の中に残ってて、多分「日本語っぽいな〜〜」って思ってたからだと思う。
Art Blakeyの「Ugetsu」は、Wayne Shorterが入ってるから、と言う理由で買ったのだけれど、これもまた必聴アルバム。

アルバム名も「Ugetsu」で、曲にもUgetsuが入っていて、ウェインショーターが確か「Miyako」って曲作ってたし(元嫁??娘??の名前らしい??)てっきりウェインショーター の曲かと思ってました。


しかし、作曲者を見てみるとフレディハバードだった!!!!

で、そういえば、Boliviaもフレディハバードやんな、って思って。


なんと言うか、フレディハバードの曲って特徴が何があるよね!!!どんな特徴かは分からないんですけど・・・笑

Ugetsuを聞いた時、この曲(Bolivia)を思い出して、「あ、やっぱり!!!」って思って。多分、キーが結構変わってるかなと。管楽器の作る曲ってフラット系が多くて、でも彼はトランペッターなのにシャープ系の曲を作ってるなと。キーはFantasy in DもBoliviaもDだし、これは私も実は大好きなキーでして・・・笑 だから良いと思ったのではないかな。笑

Red Clay

で、色々聴き漁ってたら出てきたこの曲、Red Clay。私のバンドでもやった。(是非、6/28金、ライブお越しください♪笑

この曲は、ベースのリフがSoulquarians(ネオソウル、ヒップホップ系の集団)の連中らによく引用されてて、その繋がりでこの曲も知ってると言うことなのですが。(ちなみにソウルクエリアンズは最高すぎる。)

この曲もまた、管楽器にはビックリするキーで、C#マイナー。でもこれもまた私は結構好きなキーだったりする。笑

まあ確かに、ネオソウルあたりの曲ぽいのかな〜〜!!!言われてみればそうかもな〜〜エリカバドゥ歌ってそうかな〜〜〜!!!笑

Live… The CTI Years 1970-1973

そして、結局今はこのアルバムを聞いています。

今までに彼のアルバムは何枚か聞いているし、サイドメンとして入ってるアルバムももちろん聞いたりしています。たぶん、結構多才と言うか、音楽のジャンル幅広くやってんのかな〜なんて思います。
FunkやR&Bの方もやってるみたいで、それが結構私の中ではヒットしてるかなと。
そして、彼の作る曲はFunk系のものも含め結構好みなんだなと思います。結構(良い意味で)キャッチーな曲って思うんやけど、どうかな?笑


そして、この「CTI All stars」みたいな集団?がいるようで、CTIってレーベルのことやろうから、それ絡みの集団だったりグループだったりするのでしょう。ミルトジャクソン(vib)、ロンカーター(b)、ジャックディジョネット(ds)ジョージベンソン(g)とか。結構色々アルバム出してるみたいなので、また今後も追っかけてみようかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪