アニメ『坂道のアポロン』の感想文。




前回、映画「セッション」が残念だった、みたいな話をしましたが、そう言えば音楽が絡んだアニメでめちゃくちゃ良かったものがあったな〜ってふと思い出した話。


もう少し言ってしまいましたが、アニメです。「坂道のアポロン」。
めちゃくちゃ良かった。


アニメ、一時期めちゃくちゃハマったことがありました。すぐ飽きましたけど。笑 その中で発見したのがこの「坂道のアポロン」。


あまりネタバレしない程度に少しだけこのお話を。

大体の話

あんまり言ったらネタバレになるかと思うのでちょっとだけ。

九州の田舎の学校で出会った、金持ちの家の男の子「ボン(主人公)」と、不良の男の子「セン」と、可愛い女の子「りっちゃん」の甘酸っぱい青春?みたいな話。
ボンはクラシックピアノしか弾かれへんくて、センは実はジャズドラムがめっちゃ上手くて、センに翻弄されてボンがジャズピアノを始める。
まあ、その二人とその他諸々の方たちが切磋琢磨しあいながら、恋愛も絡んでくる・・・と言う、よくある話。

なぜか、不良=ドラマーなんやね!!笑
不良=ピアノやったら斬新でまたおもろいねんけどね。
ドラマーがおぼっちゃまみたいな。



私も、こんな高校生活だったら良かったのにな〜〜〜笑

↑ボン

↑セン

↑りっちゃん

演奏してる場面も、実際の国内のミュージシャンが起用されてたり、演奏面もすごい面白い。


特に、クラシックピアノからなかなか抜け出せないボンの、微妙で不自然なスイング感も痛い程わかる。

まだ全然ジャズができない時に、振り切ってよくわからん内容のアドリブをしてしまうとこなんかも、「あ〜あるある!!」って思える。笑 フレーズになってないしハーモニーもハマってない感じ??

結構忠実に再現されてると思う。笑 

私の一番好きなところ・・・

近所のジャズのトランペットやってる大学生「淳兄」と、
ボンたちの1個上の先輩「ゆりかさん」(美術部の超絶美人)が、
恋に落ちるシーンはとても切なくてドキドキした。笑
そこだけ繰り返して何回も観たな〜〜〜笑
(ジャズ全然関係ないーー!!!笑)

さらに、なぜ良いのかって振り返ってみると、結局はこの漫画は少女漫画だったんだ、っていう。笑

↑淳兄

↑ゆりかさん

ボンとセンが親友でありながら、お互い良きライバルで、一緒に良いものを作り上げてた時だったり、なんか音楽面でも共感できる部分があって良かった!

映画版「坂道のアポロン」

そして、まだ観ていない映画版では、このかっこいい淳兄の役がなんとディーンフジオカではないですか・・・!!!笑

Awesome!!!!!!!!!!!!!!

めちゃくちゃ観たい!!笑
いつかこちらも要チェック。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪