自分で自分を表現するということ




Just the two of usの動画作ったよ〜〜♫

なんとなく色々自分でコードとか構成考えたりして、DTMで打ち込んだりしてて、めちゃくちゃ楽しかった!!

私多分、ほんまにやりたいことってこう言うことなんかもしれないね??なんて思い出してきた。

いやまあ、こう言う自分で打ち込んで色々音源作るって今までちょいちょいやってきたけど、最近は頻度が高くなったかな、なんて。

10年くらい前もこんなこと一人で趣味でやってたんだよね。

昔、多分10年くらい前に、自分でいろんな人のカヴァーを打ち込んで遊んでた。

私はまさかの

歌を歌ってた

wwwwwwwwww
サックスなしやでしかも。笑

別に、何か活動してたわけじゃないし、自分でニヤニヤ楽しむだけ。
もしくは、人の車の中でかけてケタケタ笑うだけ。www

だがしかし、この活動(?)には芸名があって、その名も

シズカバドゥ

(どかーん!!!)

周りのみんなに聞いてもらって、だいたいは、「めっちゃしょうもない笑」ってなるけど、たま〜〜に

「え、めっちゃええやん!!!」って言ってくれる人もいた。

でそう言う人って、日頃からなんとなくその辺の趣味とかが合う人なんよね。

今回のこの動画は、10年前のそれに比べたら飛躍的に技術は向上してるけど笑、若干あの時の気持ちに近い部分もある。

ただ、10年前は結局、「今はサックス頑張りたいし、ジャズももっと勉強したいし」って言うて

シズカバドゥの活動は自粛してん。

(は??)

そして、まあその10年前は実家に住んでいたけど、今は一人暮らしで、機材も若干変わり、「あ〜〜〜いつかまたしたいな〜〜」なんて思いながら、サックス中心の生活になってた。

までも、ちょっとこれからは10年くらい前のものよりもたくさんの経験と技術を取得したから、より良いシズカバドゥができるんじゃないか、と信じながら撮影したよ。楽しかったな〜〜〜。

Pomplamooseって知ってる??

私、このグループ??デュオ??がめちゃ好きでさ〜〜〜

宅録でいろんな人のカヴァーやオリジナルをやってて。

確か、シズカバドゥやってる時(笑)によく観てたから、10年前??
に発見して、カヴァーなんだけど、めっちゃオリジナルの雰囲気があって、それにすごく惹かれた!!

夫婦で組んでるんやけど、多分基本的には

旦那さんはマルチプレイヤー(恐らくプロデューサー的な?)、
奥さんはボーカルとベース

みたいな感じっぽいのよね。

今回のJust the two of usは

結構Pomplamooseを意識した。笑(秘密やで////)

で、サックスに集中するためにシズカバドゥの活動を自粛して(は?)、
Pomplamooseも聴かんようになって、

最近なってふと彼らのことを思い出して(まあその間もちょいちょい思い出してはいたけど)、Youtube検索したら、

まだやってる!!!

って言うのと、

ちょっと進化してる!!!!

んで、何よりも、

結婚してる!!!!

ってなって、めちゃ嬉しかった笑
当時も「カップルなんかな〜?」くらいに思ってたから、正式に結婚したんや、みたいな。

久しぶりに会った友達みたいな感じ(一方的)。

しかも、恐らくアメリカ??だけでしか流行ってなかったぽいけど、
今やなんか世界的に有名になってる風で、すごいな〜〜なんて。

仕上がりもめちゃプロみたいな仕上がりに今はなってるけど、個人的には昔のちょっと粗削りだけどセンスがめちゃ光ってる、の方が惹かれるんやけど笑

でも、未だにすごくポップでシンプルで、めちゃカッコいいです。

最近思うのが、私は意外とやっぱりシンプルな構成の音楽とかの方が好きかな。
音の厚みが凄まじいやつとか、展開が物凄いやつとか、別に嫌いじゃないけど音楽の本質的な部分の良さがわかりにくいんじゃないのかな、なんて思える。

私がやりたいのってこう言うことかもしれない。

なんというか、今までやってきたことを土台にして一つの作品に仕上げるのって、楽しい。
本来はこういうことをやりたかったんじゃないかっていう。

自分の空気感を出すような音楽というか。

正直、Pomplamoose見たときって、
「私もこう言うことやりたい!!(というかちょっとやってる笑)」みたいな気持ちになったし、

サックスを極めるというよりは、
サックスを通して音楽を知りたい、って思ってたんじゃないのかな〜なんて思う。

結果的にそれは、自分の表現に活かせられたけれど、もっとこれからも色々撮っていきたいな〜なんて思う。

前使ってたDAWはCubase の4とか、時代を感じるwwwww

今はGaragebandだけどwwwww

でも、確か電気グルーヴのアルバムでほとんどGarage bandで作ったみたいな感じのんがあった気がする。

しかも、マイクはmac book の内蔵マイクwwwww

私はその電気グルーヴに見習って

マイクはMac book proの内蔵マイクで録ったwww

まあしかし、これもまたいつかはLogicに変えたいな〜〜なんて思ってるところ。

音楽そのものの知識がなんとなくあるから、Garagabendでそれとなくできるのかもしれないけど、いつか物足らなくなるんだろうな、って思ってる。

自分の世界を作り出していくこと

自分を揺るぎない確固たる何かを信念に創造していきたいな〜なんて思ってます。

10年前の無邪気にCubase4を遊びでやってた時の方が、もっとニュートラルに物事を見れてた気がするし

今は、そのころに比べたらいろんなことを学んで技術も身についたけど、
「こういう感じやりたい」みたいなイメージが先行してて、どんだけうまくできてもなんかイマイチやったりするねんな〜(まあこれは巷のジャズミュージシャンによくあることだと思うけどまあその話はまた今度。笑)

「なんとなくやりたいようにやったら、こんな感じの方向性向いた」

みたいな方が正しい気がするし(芸術は正解ないとは言うが、この場合はあえて正しいという言葉を使う)、常に私はそこを心がけたいな〜なんて思う。

<script>” title=”<script>


<script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪