Profile

4歳よりピアノを始め、中学の吹奏楽部にてサックスを始める。
即興で演奏することに魅力を感じ、ジャズを学ぶことを決意。

大阪音楽大学短期大学部ジャズコース卒業。土岐英史に師事。
在学中より活動、卒業後は講師業も開始。
ビバップをベースに、現代的な感覚やファンク・ソウルミュージックを取り入れ、幅広くジャンルを超え活動中。

Facebook:https://www.facebook.com/shizuka.tanaka.1612
Instagram:syzkah
お仕事の依頼はこちら: s.y.z.k.a.h@i.softbank.jp

ブログの紹介

初めまして、もしくは何度かお会いした方、いらっしゃいませ。
田中静香です。

このブログでは、私の音楽活動を中心に趣味やブログ、日頃感じている思い、などなど・・・を日々更新します。

自己紹介

1987年10月23日、天秤座(場合によってはさそり座)、血液型A型、大阪出身、奈良育ち、現在大阪在住。


好きなミュージシャン:Erykah badu、Parliament、Bootsy collins、Kenny garrett、the Rootsなどなど。書ききれません。

子供の頃

セーラームーンとちびまる子ちゃんが大好き。
この頃にエレクトーンを習い始めましが、練習時間はほぼ0。
グループレッスンの発表会ではみんな難しいメロディーやコードとか色んな役割をしてる中、私は簡単な左手のベースラインしか任されてなかった気がする。

小学生の頃

小学2年生で奈良に引っ越し。
都会の大阪から田舎の奈良に引っ越して、自然の多さにびっくり。
田舎は嫌だなと思ってたし、今でも思う。

小学3年生でクラシックピアノを習い始める。
プロフィールで4歳でピアノと言うてますが、厳密にはピアノは小3ですね。笑

何となく過ごした小学生。
もちろんピアノは練習せず。それでも習い続ける。
音楽はしておきたかったんでしょう。

中学生の頃

近くの公立の中学校に入学し、サックスがやりたくて吹奏楽部へ入部。
担当楽器を決める時に、「サックスじゃないと入部しない」って言って無理矢理サックスにさしてもらう。
ピアノをやっていたおかげで、そんなに練習しなくても、何となく吹けてました。所詮部活なので、まあ井の中の蛙ですが、部活の中では上手い方だったのかなと思います。周りに合わせて、本当は手を抜きたかったけど、真面目ぶってた。笑

吹奏楽をやってて、このままクラシックや吹奏楽をやってるだけじゃ、音楽の幅は広がらんやろな〜って何となく思ってたあの頃。

とりあえず、良い高校に入っておけば人生楽しく過ごせるのかなと思った(親もうるさいし)ので、何となく塾行ってそれなりに勉強してました。

この頃は結構毎日楽しかった、部活も学校の授業も。
私の時代は学校が荒れてて、ヤンキーが多かったのですがそのはちゃめちゃ感をニヤニヤしながら見ていたところはあります。笑

高校生の頃

高校時代はマジで終わってた。笑
中学の時の「何となく良い高校に入っておけばそれなりの人生が歩める」と言う甘い考えを打ち砕かれて、人生で初めて挫折した

べつに何が悪いとかじゃないけど、単におもしろくなかった。
友達がいないわけでもないけれど、めっちゃおもろなかった。
通わしてもらっといて申し訳ないけど、マジで終わってた。笑

高校受験の勉強をした甲斐があって、まあそれなりの公立高校に入学できたけれど、とにかく勉強がいや。本当に泣きそうになるくらいいや。

「大人になったら勉強したくなるんだから」「今のうちに勉強しなさい」みたいなことを言ってくる大人もいたけど、今、大人になって勉強したいなんて1ミリも思わない。笑 でも、退学するのはもったいないから、高校卒業するために勉強してました。

吹奏楽部にも入部したけれど、これもとにかくおもしろくなかった。笑
中学の部活は楽しかったのに、こんなにおもしろくないことがあるのかという程おもしろくなかった。
中学の吹奏楽部はそれなりに上手かったと思うけど、高校はあまり上手くないし、音楽面でも初めて挫折した。
練習してなくてできないことはべつにいいけど、やってておもしろくない音楽ってあるんだ、って心が折れました。

そんなことで、コンクールにも出ましたが、大した感動もなく退部。

何となく頑張っていれば楽しい人生が歩める」の幻想が打ち砕かれた高校時代。このまま何となく勉強してそれなりの大学に入学して、それなりの会社に就職して、人生楽しいのかな、どうすれば人生が楽しくなるのかな、悩んだ高校時代。

とにかく自分が一番興味のあることを学ぼうと思い、音楽を勉強することを決意。何となく中学の頃から思ってた、「このままクラシックや吹奏楽をやってるだけじゃ、音楽の幅は広がらんやろな〜」を解消したかったし、幅広く音楽をするにはどうすればいいのか考えて、ジャズを勉強することに。

高校時代の家の中の私。 ニキビがたくさんあって青春のシンボルだ。(by家族ゲームの松田優作)

大学生時代

大阪音楽大学短期学部ジャズコースに入学。
大学生時代が人生で一番楽しかった。戻れるならこの頃に戻りたい。

毎日が刺激的過ぎでした。
音楽も楽しいし、周りの友達と食堂でしょうもないことを話してる時も楽しいし、音楽のアツイ話をしたりするのも楽しかった。
もちろん遊びまくった。初めての体験もいっぱいした。
初めてのバイト、初めてジャズセッションに参加、初めてジャズのライブハウスでライブ・・・
奈良の田舎でもう一度都会を夢見ながら育ったから、もう夢のような2年間。
ここで師匠の土岐英史氏に出会い、衝撃を受ける。
聞いたことのない音色に私は完全にやられてしまい、授業はいつも楽しみにしてました。授業後は飲みながら業界の裏話やプロの世界の話とかも聞けて、それはそれで楽しかった。


もちろん練習はしなかったのだけれどね。笑

大学時代の家の中の私。金髪・・・笑

卒業してから

ジャズは2年で全て学べません。
これはジャズだけではなくて、芸の道全てにおいて言えることですが。

じゃあ練習を繰り返す日々なのか!!と言われればそういうわけでもなく、全く練習せずに遊んでました。笑

そんな私を見て、周りの方々がレッスンの仕事を振ってくれたり、たま〜〜〜にライブをしてみたり、学生の頃に出会った師匠のレッスンにも何となく月1回通う、それも練習せずに、というダラダラした数年間を過ごしました。

しかしこれではいけない!!!と思ったのが23くらいの時だったと思います。
思えばあの頃が音楽人生のスタートだったのかなと思います。
ほぼ引きこもって練習をする日々。あの頃はほぼニートだったかと。
その頃は簡単なアドリブもロクにできなかったです。
音楽は聴いてはいたものの、練習も全くしていなかったので、とにかく吹いた。
ほぼ毎日吹いた。レッスンにもちゃんと練習して通うようにした。
この時代は本当に自分との戦いだった。それはそれで楽しかった。


そして、何となく吹けるようになって、もっと外で活動したいなと思ったので、その頃は実家の奈良に住んでいたのですが、奈良から大阪で一人暮らしをすることを決意。

そこからは、関西中心にライブや講師活動にも精力的に活動し始めました。
今はまた、ジャズ以外にもっと幅を広げたいなと思い、色々試行錯誤中。
大きな目標は、海外移住。

メキシコのカンクンにて。一番浮かれてる時。

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスAmazonアソシエイトバリューコマース)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人である田中静香が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。