Profile

4歳よりピアノを始め、中学の吹奏楽部にてサックスを始める。

即興で演奏することに魅力を感じ、ジャズを学ぶことを決意。

大阪音楽大学短期大学部ジャズコース卒業。

土岐英史に師事。

在学中より活動開始し、卒業後は講師業も開始。

現代的な感覚とビバップの感覚を見事にバランスさせ、ジャズ・ファンク・ソウルを中心に関西圏で演奏活動中。

Facebook:https://www.facebook.com/shizuka.tanaka.1612
Instagram:syzkah

お仕事の依頼はこちら: s.y.z.k.a.h@i.softbank.jp

小学生時代

生まれは門真市、育ちは生駒市。

特に音楽一家ではなかった、ごく普通の家庭で育ちました。

ずっとクラシックピアノを習っていましたが、真剣に練習していないませんでした。

好きな曲はとことん練習、興味のない曲は全く練習しない、そんな時代を過ごしていました。

サックスは、なにがきっかけなのか、ずっと習いたいと思ってましたが、親は習わしてくれず、

「中学生になったら吹奏楽部に入るしかないなあ。」

と、なんとなく思っていたような気がします。

中学生時代

そして、念願だった吹奏楽部に入り、サックスを担当させてもらうことに。

楽器を決めるときに、サックスじゃないと入部しない、と言い張ってたことを今でも覚えています。

そして私のサックス人生が始まるのですが、ピアノを習ってたこともあり、周りよりは耳もよく、楽譜も読めたので、

少し上達が早かったように思います。

たまたま通っていた中学の選曲が、soulやfunk系の曲を取り入れてたこともあり、

吹奏楽のクラシックの曲をやるより楽しくなりました。

そこから、いろんな幅の曲を聴くようになり、

「どうすれば自由に音楽を演奏できるようになるのか?」って思っているうちに、

ジャズを勉強するのが一番なんだろうな、と思いました。

高校時代

しかし、高校に入学すると、人生の挫折を味わうことになるのでした。

当時、中学の時は学校も部活も何もかもが楽しかったのに、高校では何もかもが楽しくない。

吹奏楽に入部したものの、楽しかったはずの音楽も楽しめず、

恐らく、今思うと、高校の部活があまり合ってなかったのだろうなと思いました。

すぐに退部、それからとことん自分の好きな音楽ばかりを聴く日々が始まるのでした。

マーヴィンゲイ、アースウィンド&ファイヤー、ボブマーリー、キングクリムゾン・・・

やっぱり、中学の時に感じた、「どうすれば自由に音楽を演奏できるようになるのか?」の答えが知りたい、

ジャズ勉強しなくては、と思い、音大へ進学を決意!

大学時代

人生で一番楽しかった時期。

自由の裏側には責任がある、遊ぶのも自由、サボるのも自由、学ぶのも自由。

その代償は絶対自分に返ってくる、音楽には終わりはない、正解がない、無限大なんだ、と思うと、

楽しいような、しんどすぎるような、わかっていながらも、遊び呆けていたような。

でも、「どうすれば自由に音楽を演奏できるようになるのか?」の答えが見つけられそう、そんな気がした大学生時代でした。

卒業してから

大学は2年で卒業ですが、芸の道は大変で、もちろん卒業してすぐバリバリ働けるわけではないです。

練習しながらレッスンも少しやってみたり・・・・となんだかふわふわした状態が何年か続きました。

一時期は音楽からほぼ?離れて、狂ったように遊んでたような状態もありましたが、周りの方々に恵まれ、尻を叩かれ、

練習を始め、無事活動も再開できたような状態です。

大学時代の時に感じた、『音楽には終わりはない』と思うと、

楽しいような、しんどすぎるような感覚は正直今でも感じることはあります。