黒人の演歌。

最近は仕事以外は専らテナーの練習をしています。
やっぱりテナーは一歩間違えると演歌みたいって思うことがあります。


歳を重ねると不思議なもので、「演歌も良いな〜〜」ってふと思ったりすることもあります。

何となくジャズで仕事をしていると、演歌や歌謡曲もちょっとやることがあります。

多分、そこまで苦手ではないのかもしれないですが、好きかと言われると・・・ってやっぱりなりますね・・・笑

R&Bやブルースもちょっと違えば何となく歌謡曲や演歌みたいになることがあったりするような・・・と漠然と思っていました。

と、あるレッスンで話題に上がってきたのですが。

黒人で演歌やってるサックスがおる!!!

黒人が演歌歌ってたよな!!!!ジェロ??

じゃなくて。(↑吹き出し使いたいだけ。)

サムテイラー

みんな知ってましたか?私知りませんでした。笑
めっちゃ動画上がっていましたが、八代亜紀とやってるやつが特に目立ちました。

「むせぶようなサックス」ってやつ??笑
そもそも「むせぶ」の意味があんまりよう分からん。
でもそう言う風に吹いてってリクエストくることもあって、何となく苦笑い・・・笑

でもこのサムテイラーって、確かに演歌ちゃんとやってるよな〜って感じ。フレーズも演歌っぽさがある。一瞬アメリカポップスの感じが出るんやけど、その狭間がまた深くて良い。

ちなみにどうやらこの人めっちゃ演歌で吹いてたらしい。

サム・テイラー(Sam Taylor、1916年7月12日 – 1990年10月5日)は1960年代から1980年代にかけて当時のヒット曲を取り上げて、日本でも人気を得ていたアメリカのテナー・サックス奏者である。サム・ザ・マン・テイラーと呼ばれる場合もある。「ハーレム・ノクターン」で知られている。
1950年代に「ハーレム・ノクターン」で有名になったテイラーは、その後来日し歌謡曲・演歌やブルース、R&B、ポップスの録音を多数残した。ニックネームは「ムード・テナーの帝王」。
1989年頃から体調が良くなく、病気療養中は、演奏活動を休止した。1990年、肝臓癌のため、死去した。満74歳没。

wikipedia

ムードテナーな!!!笑 確かに。

ジャズもやってるみたい。これしか聞いてないけど、演歌みたい!!笑


と言うか、サムテイラー知らんかったん、もしかしたら知らなかったん私だけだったのかもしれない。みんな知ってるのかも。笑

けど最近はやっぱりHipHopが良いな〜〜笑
テナーを始めたけれど、Hiphopに入ってるサックスはアルトが多いし、聴いてる曲とやってる楽器が反比例状態です><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪