Mtume『Juicy Fruit』




少し前に、このMtumeのアルバムに入っている「Juisy Fruit」をサンプリングに使っている、と言うかほぼカヴァーに近い、みたいな、ノトーリアスのアルバム『Ready to Die』を聴いたんですけど、では元ネタというか、本家を聞いてみようと、「エムトゥーメ」を聞いたんですが。

と言うか、「エムトゥーメイ」と読む場合もあるようで、どっちなんや。笑

1. Green Light
2. Juicy Fruit
3. Hips
4. Would You Like To (Fool Around)
5. Your Love’s Too Good (To Spread Around)
6. Hip Dip Skippedabeat
7. Ready for Your Love
8. The After 6 Mix (Juicy Fruit Part ll)

(以前の記事↓)

ゴリゴリ80年代のサウンド

80年代の、R&Bのサウンド、ディスコのような何と言うか。この時代特有の。

Juicy Fruit

ノトーリアスがサンプリングに使ったというだけあるというか。
色気のある、ロマンティックな感じで良いね!!

このアルバム全体的に聞いてもまあ、この曲が一番映えてるな〜〜
ノトーリアスを先聞いてるから、っていうフィルターもあるやろうけど!

1、2、3、が気持ちいい。バチっっ!!!!ってハマる感。特に、ワン、というよりはが強烈。
1拍ってこんなに長いんだって、思う。笑

全体的には聞いててめちゃくちゃ整理された作品で、P-Funkの影響も受けたとのこと。まあまあ、言わんとしてることはわからんでも無いかな??
P-funkと言うかうち的にはどちらかと言うとFunkadelicな方だと思う。

★★☆☆☆

星2つ\\\\٩( ‘ω’ )و ////

なーんか、うーん、て感じ。

いや、申し分ないくらいのクオリティではもちろんあるんだけど、と言うか、

だから退屈。

うーん。何なんだろうか・・・??

退屈でもハマるやつはめっちゃハマるんやけど、どうかな〜〜これは。
ノトーリアスの「Juicy Fruit」の元ネタ、みたいな目線が強いかな〜〜

あと、もしかすると、こういうバブルな時代??80年代の音楽ってイマイチ私にはハマらんのかもしれん。
Princeなんかは結構好きだけど、それでもやっぱり大きく見るとそんなに・・・なのかもしれない。

ちょっと話逸れるんですけど、ファッションとかもあんまし。
紫のリップ、ふわっふわの前髪、肩パットめっちゃ入ってるジャケット。良さがわからん・・・笑
あの頃って頭おかしかったよねみんな、きっと。笑

ま、その前のヒッピーテイストな、70年代のファッションは好きだけど(好きそうやんな私。笑)

まそんなことで、このアルバムの一番良いところは、

アルバム全体1枚が短い!!!

笑 何じゃそりゃ、かもしれんけれど、うまくまとまってると思う!
なんか、無駄にダラダラ長くする必要もないんだよな〜〜

ライブのソロなんかも無駄に長くなったらダメだしね(⬅️自分に言い聞かしてる。笑)

時代の音楽というか、流行りの音楽というか。
でもあんだけタイトなグルーブを出せるのはすごいな〜

でも、色々調べていると、Bootsy Collinsとやってるアルバムもあるらしくて、さらにBootsyの曲をこのバンドと一緒にやったりもしてるみたいなので、それも一度聞いてみたい。

でも、そのアルバムも、その曲だけしか良い!!!って思わなさそうなんやけどな〜〜笑

<script>” title=”<script>


<script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪