そもそもの話ですが、根本的にスケール練習はどうすればいいのか、って話を動画にしました。




随分前の話にはなりますが、基礎練習の基本中の基本、
ロングトーンの話はブログにも書きましたし動画にもしましたが、スケール練習についても動画にしてみましたので、どうぞ。

この動画の中でも言っていますが、スケール練習の目的は

  • 指を動かせられるようにすること
  • 新しい運指を覚えられるようにすること

がメインだと思っておいてください。

他には、

  1. 息のコントロールをすること。
  2. フレーズを意識すること。

とかも裏テーマなのかなと思ったりします。

がしかし、まあこれは少し発展した話なので、心に余裕ができるようになってからで良いのでは??なんて思ったりしてます。

スケール練習は止まってはいけない。

これは割と忘れがちですが、結構止まってまうんですよね。

案外簡単に。

しかし、みんなが思っている以上に、止まってしまうのって、クセになってまうんです。

クセっていうのは、なんとなく一気に吹ききらない、みたいな感じに。

止まってしまうくらいなら

止まらないでできるゆっくりのテンポに落としてやって欲しい!!

という気持ち。私はいつもレッスンでは言いますね〜〜〜。

あとは、単純に一息で吹ききれない、みたいなことも原因かもしれませんが、

そこで息のコントロールですね。

ロングトーンでは単音でしか音を伸ばさないので、息に集中できますが、

スケールになると、低い音から高い音まで吹くとなると、それぞれに楽器にいれる息の入れ方が重要になってきます。

そこで、

どのようにしてどのような角度でどのような息の量で

なんかを一息で変えていかないといけないのが、サックスはじめたての方には少し難しかったりするのかな。

と、まあ色々脅かすようなこと言ってきましたけど、結論というか、極論を言うと、

要は慣れっすね

wwwww

まじで、これは。笑

意外と、何回もやってたら慣れてきて割とできたりするのでご安心ください。

私のなかで、慣れって言葉は、まあイコール練習、みたいな感じなんですよね。

いろんなことを練習するって、結局もっとカジュアルな言い方をすると、

その楽曲に慣れる

みたいな意味合いも強かったりします。笑

音楽ってどんどん慣れていくことが上達につながるんじゃないのかな〜なんて思ったりしてます。

とまあ、ダラダラ言うてきましたが、是非スケール練習も丁寧にやっていただきたいもんですな〜〜〜。

<script>” title=”<script>


<script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪