師匠:土岐英史氏との思い出




YouTubeで土岐さんのことについて話して欲しいという要望があったりしたんですけど、それはやることないと思います。

理由は、そう言う動画を作ると、おそらく再生回数が伸びて「しまう」から。

Youtubeは自分の力だけで伸ばしていきたいし、
やっぱり何よりも土岐さんはそんなことされたら嫌がるタイプやろうな〜なんて思うからです。笑

(とか言いながら、私のチャンネルが伸びたきっかけになった動画に土岐さん登場してるんやけど、ごめん、土岐さん!!笑)

なので、ブログでちょっと思ってることを語っていければなぁ、て思ってます。

土岐さんは私にとっては音楽業界の親といっても過言ではないくらいお世話になりました。

私の音楽の生みの親みたいなもんです。

私がめちゃくちゃなことを吹いても、

何も否定もせずに、最後まで熱心に教えてくださって本当に感謝してますし、

私のことを「ファンク少女やなぁ😁」て初めに名付けたのも土岐さん。

ファンク少女ってwww

その名付けのとおりですが、私はファンクから入ってジャズを勉強したようなもんでして、

途中でやっぱりめげてくるんすよ。

ジャズめちゃむずいて思ったし、

理論なんぼ聞いても分からへんし(笑)、

すぐフィーリングでやろうとするし(笑)、

まさかのアルトの楽譜読まれへんし(笑)、

でもそんな時に、私の得意な部分「絶対音感」を早くに見出してくれて、

私の欠点を肯定してくれたのも土岐さんが初めて。

お前はアホやから耳で聞いて覚えたらえーねん〜ガハハ

絶対音は強いからええぞ〜ガハハ

もっと飲め〜!!ガハハ(←笑

と言う具合でした。(笑)

今思い出しても、楽しすぎる思い出しかない・・・😂😂😂😂

毎年恒例の夏の関西ツアーライブでは、私が観に行って挨拶しに行ったら、

「こいつ俺の弟子!ファンク少女!!笑」って周りのメンバーに紹介していただき、
しかも朝までバンドメンバーと一緒に飲ませていただき、
アホみたいな話からめちゃくちゃタメになる話までたくさんしました。

(大体私が先に潰れてたwww)

レッスンでは、ジャズのアプローチ、とにかくビバップをしっかり練習してく、ってことが基本でしたが、

私、ファンク少女やから(笑)、ファンクのフレーズとかアプローチとか、
私の音楽のルーツに合わせて教えてくれたんもめちゃくちゃ良かったよな〜

いつも土岐さんが弟子たちに言ってたのは、

俺のファンになるな!!

と言うことでした。

と言うのも、あまりにも土岐さんのプレイがすごすぎて、師匠・弟子と言う関係を忘れて普通に一人のファンとして土岐さんを崇めてしまう、と言うような風潮がよくありました。笑

いや、まあさ〜・・・

ぶっちゃけさ、レッスンとはいえ、あんなすごいプレイを目の前でされたら

普通にファンなるよな(笑)

土岐さんのレッスンはだいたい二日酔いやったけど(笑)、吹いてる内容めっちゃカッコいいし、ただただすげぇの連続でした。

いつか、ファン、でもなく、そして「弟子」でもなく、

イチ ミュージシャンとして何かできる日がきたらええなぁと思ってました。

その夢は叶えられなかったけど、1日でも長く音楽を続けていくことがせめてもの恩返しなのかな〜と思いました。

土岐さんの名演はありすぎるけど(いや、名演しかない笑)、なぜか山下達郎のRide on Timeが頭から離れない!!

そんなに山下達郎聞かへんけど、たまたまこの曲を聞いてた時に訃報を聞いたので、本当にびっくりでした。

涙のRide on Timeになってしまったわ、私の中で😭

この曲の土岐さんのソロ、唯一無二すぎてほんま良すぎるよね😊

誰かどう聞いても土岐さんやもんな、そういうのって技術どうこうのまえに1番大事やもん!

土岐さんに出会えた人生で本当に良かった。

ちなみに名演しかない土岐さんの中でも一番私が好きなアルバムはこちら。

The good life/Hidefumi Toki

特に、ドラムの日野元彦さんがまたアグレッシブで超かっこいい。土岐さんのフレーズとよく絡んでいる!!

<script>” title=”<script>


<script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪