私がサックスを始めたきっかけは、定番の吹奏楽部から。

たまに聞かれるのが、この話題。
「いつからサックスやってんの?」「何がきっかけで始めたの?」
みたいな。

前回、ちらっと吹奏楽の話が出たので、ついでに紹介しておこうと思います。

サックスをやりたいから吹奏楽部に入った。

何があったのか忘れたのですが、サックスを習いたい、って小学生の時ずっと言ってた。
周りに習ってる子がいたりとか、そう言う音楽を聴いたのか忘れたけど、とにかく習いたいんだと言うと、親に反対されました。笑
そりゃ楽器高いし、当時はそろばん、ピアノと習ってたので3つもってなると厳しいよね。と言うか続かなさそうやし。

ただ、違和感は持ちながら吹奏楽に入ったのは覚えている。

「サックスやりたいけど、吹奏楽みたいな音楽やりたいわけちゃうねんけどな〜〜」と言う。
まあでも、吹奏楽部に入れば手っ取り早くサックス始められるかと思って始めたのは確か。

そこで、無事、前の記事に登場した顧問に「サックスじゃなかったら部活辞めるんで・・・」って言って無理やりサックスに決定!!!笑
わがままの極みですね。笑

吹奏楽部でサックスを猛練習!!!

・・・と言う訳もなく。笑

私は小さい頃からピアノをやっていたので、楽譜も読めたし、音楽の勝手(??)や、理屈とかその辺が雰囲気でわかってたので、あんまり苦労なく上達していったような。

合奏でてりゃなんとかなるっしょ、みたいな感じで、ほぼ練習しないでこっそり遊んでサボってたな〜〜〜笑
それでも、「セクションリーダー」って、なんか木管楽器の中で一番上手い人がなる役職もらえてた。

主に技術的な指示をする訳だけど、正直何を教えていいのかわからなかったな〜〜〜笑
だって、別に練習せんでも吹けてたから、できない人の気持ちがわからないんだよ。笑
「音源きいた??」「これ聞いたらまあ雰囲気わかるやろ??」みたいなこと言ってた気がする・・・笑
この当時から感覚でやってたんかな・・・;;

とまあ、なんかすごい嫌な奴みたいな感じになってますが、所詮そこそこ上手いだけの中学の吹奏楽ですから、まあ井の中の蛙で、大きい世界で見ると別に対してうまくなかったんじゃないのかなとは思います。笑
大人になったら猛練習をする時期もあった訳ですが・・・・笑

集団行動に向いてなかった・・・!!!

ほんまにこれに尽きる。
吹奏楽やってて思ったのは、「なんでこんなこともできないの、あの子は」とか、すぐ思ってたし、正直下手くそな先輩にはめっちゃ冷たかった私。笑
あかんよね、ほんまに。笑

「頑張ってみんなで心を一つにして音だそう!!」

とか言う人に限ってめっちゃ下手、とか、「どの口がそんなん言うんや、上達してから言えや!!」とか心の奥底で思ってたな〜〜〜笑

中学2年コンクール後にアルト。

ぶっちゃけ、漠然と「ジャズみたいなことしたいねんけどな」って思ってたし、「ジャズってテナーじゃない??」って心で思ってたのだけれど、当時はもうすっかり吹奏楽に夢中だったので、そんなことも忘れ、先生の指示通りアルトに変わりました。

まあそこからアルトの人生が始まり、音大に行き、仕事もするわけですが。

サックスを始めた時はテナーだったのに、そのテナーが今や思い通りに吹けないなんて、時間ってこわいものです。

まとめると・・・

サックスをやろうと思った理由→知らん、、カッコイイコトしたかったから
サックスを始めたキッカケ→駄々をこねて吹奏楽部でサックス担当させてもらった。

と言う感じですかね。
何はともあれ、一つでもやり遂げられることができたのは、中学生ながらにも良い経験だったな、と今になって思います。

あと、集団行動に向いていないことに気付けたことも良かったと思う。笑

この時期になるとやっぱりコンクールのことを思い出すし、それで結構吹奏楽がらみの記事が多くなってしまうのですが・・・

こんな、中学の時からすでに性格が悪すぎた、現役ミュージシャンからエールを。

フレーフレー!!!吹奏楽!!!!(再び)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪