テナーサックスを始めた話。(後編)

田中静香です。

前回、テナーサックスを買いに東京へ行ったわけですが、今回はテナーサックス選びについて書いてみようかと思います。

やっとやって来た、石森管楽器。

何年振りですか、アルトサックスを買った時以来なので、多分10年振りくらいだと思います。

前回も言ったように、アルトサックスを買った時に、woodstoneの楽器も開発されてることを知り、「今度買うときはwoodstoneが良いな」と思っていたので、迷わずこの石森管楽器へ行きました。

10年前は、本当に何も吹けなかった。
メジャーⅡⅤⅠとは・・・?みたいなレベルだったな・・・笑

確か、大学のみんなと卒業旅行にディスニーランド行ったついでに私だけ別行動して行ったな・・・とか

頭金5万円くらいでよくローン組んだよな・・・とか思い出しながら。。。笑

そして選んだ楽器がこちら・・・

チャーン!!!!!!

美しい・・・!!!

本体

VHモデル アンティークフィニッシュ WOF です。多分・・・笑

woodstoneの今ある分の3種類と、念の為YAMAHAとYAMAGISAWAを試奏しました。

woodstoneは他にもVモデルとMMモデルがあり、最後までMMモデルとVHモデル(今回購入したもの)のどちらにしようか迷いました。

MMモデルの方が、若干抵抗感のあり、重たい感じの吹奏感でした。

それが悪いというわけではないのですが、演奏スタイルとしてはもっと反応の良い軽めの吹奏感の方が好みなので、VHモデルにしました。

マウスピース

これは・・・あまり言ってはいけないのかも知れませんが、石森管楽器さん秘蔵のマウスピース・・・です!!!

こちらも色々種類を試してみました。オットーリンクやESMなど、後はやっぱり今販売されているWoodstoneのマウスピースを数種類。

まあwoodstoneだと間違いないなあと思っていたのですが、今開発中で販売はまだしていない、というマウスピースを特別に何個か試奏させていただきました。


中の構造を見ると、やはりそれぞれ微妙に深さが違ったり、「あ〜〜まあ言われてみれば違うかな〜」というレベルで違う種類のマウスピースだったり、がありました。

私は構造のことについては本当によくわからないのですが・・・笑、店長より細やかで情熱的なマウスピースの説明をしていただきました。


本音を言うと、「テナーってオットーリンク使ってる人多いし、オットーリンクで良いんちゃう」って思ってたのですが、やっぱり試奏してしまうとwoodstone以外は考えられなかったですね・・・笑


と言うことで、woodstoneのマウスピース(非売品)をいただきました。
めっちゃ良いと思うこれは。笑

リガチャー

唯一Woodstoneとは違うのが、ここの部分。YAMAHAです!!笑
YAMAHAで十分とのことだったため。

ケース

なんと、ケースまでもがWoodstone(キーホルダー付き…!!!)笑
Woodstone用にぴったりになるように構造されたようです。

実は帰りの新幹線待ってる時、買い物してレジでお金払ってる時、豪快に倒してしまいました・・・!!!笑

でも、なんの問題もなかったです。(でも倒したら絶対ダメ。笑)



そうして買ったのが、このテナーサックス。

嬉しさのあまり写真を撮りましたが、ほぼスッピンです。笑

ついでに・・・

メキシコで、アルトサックスのYANAGISAWAのマウスピースをなくしたのでついでに購入しました。

なくした時のエピソードはこちら。笑



お店へ開店時間の11:00に入り、全部終わったのは、なんと16:00ごろ!笑

なんぼかかっても13:00くらいだろうと思っていたので、ピットインの昼の部でもみに行こうかと思っていたのですが、全然無理でした。笑


途中で、お腹空きすぎてフラっとなったので笑、とんかつ屋さん「にいむら」に入りました。

http://www.shinjuku-niimura.com

ウェイトレスさんが気さくに話しかけてくれて、あたたかかったです。
(でもお腹空きすぎてすごい勢いで食べてたのであまり話せなかった。笑)

思い出の味です。

やっぱり私は私だと言うこと。

楽器を選んでいる時に、吹き比べた音を録音して聴き比べてみたのですが、やっぱり自分は自分の音なんだと言うことに気付いてしまいました。

「アルトの時とそんな変わらへんのんちゃうん」って思ってしまったのですが・・・笑

「あの人みたいになりたい」「あの人みたいな音を出したい」なんて思うことは無駄なことなんだなと思うし、自分はまだ自分で良いんだと言うこともわかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪