ペンタトニックスケールの練習方法について解説したよ〜〜♫




とにかくペンタトニックスケールでアドリブすればいい!!!

の理論でずっと言ってますが、

そもそもペンタトニックスケールがちゃんと吹けないと無理じゃん??

と言うわけで、スケール練習のやり方をまとめた動画を作ってみました☺️

ペンタトニックスケールの練習方法

動画にも載せている楽譜を載せてます。
ペンタトニックスケールは全部で12keyあるけど、
とりあえず良く使いそうなものを抜粋してみました(ゝω・)★

↑いいかんじにパクっていいよ〜〜笑

もちろん、前提としては12keyやった方がいいんやけど、

まあみなさま忙しいでしょう??笑

手っ取り早くいい感じに演奏できたらええんじゃないのか??

と言うわけで、良く使いそうなkeyを抜粋しました!!

そして、具体的に練習する方法はこちら。

ここに書いているのは、Gメジャーのペンタトニックスケールだけど、

これを他のkeyのものに変えて、テンポは①と②、両方やるといい感じです。

もっと言えば、

♩=100

で最終的にはできてて欲しいのですが、動画の長さ的にちょっと割愛しました。

Youtubeではやっぱり伝えきれへんこともある。

割と、「Youtubeみときゃ上達するっしょ!!」

みたいなこと言う人もいるんやけど、意外と上手くいかないと思うんだよな〜〜。

じゃあ今やってる練習が完璧にできるかどうかって誰が判断するんやろ??

って話になってくるわけですよね。

レッスンって、私が思うに、今の練習が出来たのか出来てないのか、ジャッジしてあげる役割やな、って(それが全部じゃないけど)日頃思ってる。

だからぶっちゃけ、Youtube観てそれで簡潔する人って、

そもそも他の楽器で既にプロ並みにできる人やと思うねんな〜

それって、演奏の上手い下手の基準が判断できるっしょ。

例えば、私がドラムを始めたとしたら(ちょっと独学でやってた。もっかい始めたい。)、

全く音楽やったことない人に比べたら、

耳が肥えてたり、そもそもの音楽全般の知識もあるから飲み込みが早いし、

今やってることがある程度だけど出来てるかどうか??の判断ができるのよね。

ま、だから私のレッスン来て欲しいってわけじゃないけどさwwww

↑でも一応貼っとくwwwww

私のレッスン、言うてそんなに厳しくないんで、どしどし待ってます。笑

なんとYoutube始めてからいきなりレッスン増えたので、できれば平日希望・・・笑

<script>” title=”<script>


<script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪