睡眠が一番大事だと言うのに。②




昨日の不眠の話の続きです。

解決策

前回の記事でも紹介した、「パレオな男」ってブログを参考に。

①メラトニンというサプリを飲む。

iHerbで買える、メラトニンと言うサプリ。
いくつか種類があるようですが、これは「タイムリリース型」と言うもので、飲んだ後6時間はメラトニンが放出されて、質の良い睡眠ができるそうな。

がしかし、そもそも入眠ができないので意味あるかと言われるとどうかな。
でも、飲まないよりは寝やすくはなると思う。

こう言うものを飲むってちょっと抵抗あると言うか、病気みたいで。
薬じゃなくて、サプリなのでまあいいのかなとは思いますが。

実際買ってみて飲んでみましたが、確かに質の良い睡眠はできる気がするけど、入眠しやすいかと言われると微妙かも。
2粒にしたらいいのかな。でも2粒にする勇気もない。笑

②刺激制限療法

もう、この方法はパレオさんのブログをそのまま読んでほしい。笑

寝れないからと言って、布団の中でダラダラ横になったりスマホをいじったり、睡眠以外の行動は取らない、しかも、どんだけ睡眠時間が短くても「必ず決められた時間に起きる」と言うこと。

脳に「布団は寝る場所ですよ」って言うのを覚えさす、みたいな方法らしいが・・・


これはキツイ!!!笑

キツイけど、そう言う科学とかの世界では一番有効らしい。

確かに、ちょっとこの方法の意図とはまた違うかもしれないけど、「諦めて寝ない」って言うのは効果はあるのかも。

もちろん次の日は疲れ果てて爆睡だけど、その日も寝まくるんじゃなくて、8時間以内に収めるとか。

しっかりとした方法としてはやっていないけれど、軽くこの方法は取り入れたりしてます。
それでもまあちょっとはマシなのかなとは思うので、しっかりやればやっぱり良いのかな、とちょっと思います。

③コーヒーを夜飲まない。

これはパレオさんのブログでは解決策としてはそんなに書かれてないと思う。
どちらかと言うと、自分の中で考えたこと。

18:00以降は飲まない。
18:00って言うのは特に意味はなく、何となく。笑

私は割とコーヒー中毒。1日に絶対1杯は飲みたい。
お酒やめてからは特に飲む回数は増えたように思う。

何回か、18:00以降にコーヒーを飲んでしまって、夜目が冴えてしまった事例がありました。
その次に18:00以降は飲まない、って決めたところ、無事寝れました。

までも、たまたまかもしれないしな・・・

少しパレオさんのブログで参考にしたのは、「内向的な人はコーヒーに向いていない」みたいな記事です。
もしかしたら意外と思うかもしれないですが、私は結構内向的な方です。笑
この記事では、コーヒーを飲むと、内向的な方は刺激を存分に受けるので、コーヒーが効きすぎて、逆にソワソワし始めて、プレッシャーを感じやすくなる、的なことが書かれてました。
と、こう言うこともふまえて、夜に飲む、と言うのはやめました。

④マグネシウムを摂る

これもまた、iHerbで買える。ダイコクドラッグとかでもあるのかもしれませんが、まあここは、パレオさんの言う通りにしておこう。笑
それに、海外のサプリの方がなんか効きそうやし。笑

と、これは実はまだ試してないんだよな。
なので、今度またiHerbで買ってみようかと思う。

マグネシウムが多く含んでる食べ物は、バナナや納豆、豆腐、ごま(ゴマってどう言う単位で数えるの・・・?笑)、のりとか。
結構食べてるんやけどな・・・
でも不足気味なんでしょうね。

今度は④を試してみようと思います!!

とにかく、眠りが最悪のまま仕事に行くと本当に辛い。
今、自分が何を喋ってるのか分からんようになる。笑
夜のライブの時間帯に眠くなることはまずないのでそこは助かっているが・・・

うーん。あまり深く考えない方がいいけれど、どうしても悩んでしまいますね。

<script>” title=”<script>


<script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪