映画『ボヘミアンラプソディ』





以前、メキシコ旅行の帰りの飛行機が、サンフランシスコ経由での飛行機、ユナイテッドがアタリだったんですけど、結構その時の映画のラインナップが良い感じでした。その中に「ボヘミアンラプソディ」もあったので観ました。

いつか、Amazonプライムで上がってきたタイミングでみようかと思ってたのですが、まあ日本着というのもあってか、日本語字幕付きであったので、観てみました。

中川家のお兄ちゃんがラジオでボヘミアンラプソディ4~5回くらい劇場で観た、って言ってたし、そんな何回も観に行くほど良いのかと、気になってました!

ボヘミアンラプソディ

もちろん、あまり知らないとは言え、知ってる曲も何曲かあるし(めちゃくちゃ有名どころ)、フレディマーキュリーの独特なファッションも何となく覚えてるし、ゲイで(実際はバイセクシャルだったけど)エイズで亡くなったと言う情報くらいしか知りませんでした。


観終わった感想

めっちゃええか、って言われたら、普通!!!


あんまりクイーンのこと知らなくてもめっちゃ良かったと言う感想が多いと聞いていたけど、うーん。笑

映画としては普通でしたが、クイーンについて知れたと言うところはすごく良かったです。

自叙伝的な感じで、私は結構そういうものは好きな方で、特にミュージシャンのものだと割と嫌いじゃないんですけど、かと言ってすごい感動があるわけでもなく、『へ〜〜そうなんや〜〜〜』くらいの感じ。

フレディマーキュリーのことが知れたり、結成秘話だったり、「あの曲はこうやって出来たのか・・・」とか、「長いクイーンの歴史にこんな時代もあったんだ」と言うことも分かったり、そもそもの話ですが「こんな曲あるんや〜〜」とか、ある意味知識を得たような気持ち。

何と言うか、クイーンの再現VTRを観てる感じ。笑

と言うのも、その後クイーン本物を調べたら、キャストが本物と激似!!!笑

後でインターネットでクイーン本物を調べたら、まるでクイーンそのものでした。笑

フレディ・マーキュリー役(左が本物)

これはマネしやすそう、だとは思うけど、歯がガタガタな部分も似てる人を探すのは至難の業だったはず。

ブライアン・メイ役(左が本物)

これはマジで似てる笑 むしろ「何で?」って言いたくなる。笑

ロジャー・テイラー(右が本物)

特徴があるようでないようなこの顔、存在感を似せるのはすごい。

ジョン・ディーコン(右が本物)

これも激似。髪型を合わせたら何となく似せられそうな気がしなくもないけど、ロジャーテイラーと同様、パーツが微妙に似てるのがすごい。




ここまで似せるのはすごいよな、って、ただただ思う。
クイーンファンの方とか、これは嫌でも盛り上がるのでは・・・???笑
キャストだけでも話題性は高いんじゃないのか??

また、演奏も俳優でしてるらしい。すごいよね〜〜何とかなるもんなのかね???

この映画のファンの人は、演奏を聴くために何回も観る、みたいなことも言ってました。

映画中に入ってくる音楽の部分は割と力入れてるのかな〜〜みたいな。

クイーン II

映画の中に、このクイーン II??っていうアルバム名なんでしょうか??が作られた秘話みたいなものもありました。

アルバムのジャケットだけ知ってる、あとはテイストも何となく知ってる、なんかこう、オペラっぽいやつやんな、って言う情報だけでしたが。笑


このアルバムの誕生秘話もなかなか面白かったです。


フレディがやっぱりバンドのリーダーとしてやっていくのですが、「オペラを、ロックでやる!!」みたいなこと言うてました。おエライさんが「あかんって、売れへんって!」って言うて、めっちゃ喧嘩になって、結局このCDは大ヒット、と言う感じだったのですが。
ロックとオペラって相反するものなのに、両方を混ぜるって発想!!

個人的にはロックもオペラもあんまりわかんないや〜〜〜笑
ロックはまだ分からなくもないけどオペラか〜〜〜みたいな、笑

ロックもめっちゃ好きかと言われればそこまでと言うか。

ロックてこう、トゲトゲしいというか、結構威圧的な・・???笑
空気感があるけど、意外とミュージシャンは性格の良い人が多いんですけどね。笑
『え、めっちゃ礼儀正しいねんけど!!』って思ったこと何回もある。笑
どのジャンルのミュージシャンよりもその辺きっちりしてる気もする。笑

色々言いましたが、単純に楽しめる映画なのでまだの方はぜひ観てみてください。
もしかしたら魔女の宅急便くらい頻繁に放映されるのかも知れませんね。笑




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪