こうして私はジャズ用マウスピースが吹けるようになった。




ハローYoutube!!!!!!!!!!!!!!!!1

(Youtubeちゃう。)

前回、カフェインレスしてたからYoutube更新遅なったんや!!

って話をしてましたが、まあそんな中編集してたのがこの動画。

動画の中でも「なんて説明したらいいかわからんねんけどな・・・」って言いながら説明してた動画。

実は、この動画は結構Youtube始めた時からいつか話してみたいな、って思ってた内容なのだ。

「私がいかにしてジャズ用マウスピースを吹けるようになったのか?」

そもそもなんすけど、「ジャズ用のマウスピースってどれがいいですかね?」

とか割と聞かれるんですけど、私は結構その時に、

「そもそもジャズ用のマウスピースって吹くん難しいんやけど、その辺はどうなんすかね???」

って心の中で思ってた。笑

何でかって言うと、実は私も吹奏楽時代があって笑、
吹き方を変えないでジャズ用のマウスピースを使ってえらい目にあってたからです。

多分、吹奏楽とかでやってた奏法って、ザックリ言えば噛みすぎなんよね。

で、リードも割と分厚いめを好む傾向があって、

ジャズのマウスピースって、「ストレートに楽器に息を入れて抜けるような音を出そうぜ!!」みたいなベクトルやと思うんですけど、

クラシック用のマウスピースとか奏法って、「息を入れる時、ある程度の抵抗感を加えながら丸い響きのある音を出そうぜ」ってベクトルな気がする。
(ここで言う「気がする」って言うのは、クラシックのサックスをしっかり学んでないので、そんなお前がこうだと決めつけるな、と言う意味合い。笑)

これは個人的に思うのが、私のプレイヤーとしての唯一の強みは

「体が小さい割には音割としっかり出てる」

ことやと思うんです。

で、これは紛れもなく、今回のYoutube動画の練習をしたおかげなんですよ。

で、これって、動画の中でも話してますけど師匠に教えてもらった練習方法なんですけど、

意外と同じ門下生でもこの練習方法やってなかったりするんですよね。

しかもそれどころか、同じ門下生の人に「なんでそんな音でるん?」って聞かれたことある。笑(師匠同じやねんから、師匠の言うとおりに練習すればいいだけやん、ってめっちゃ思った、って話。笑)

動画見てもらったらわかるかもしれないんですけど、

「え、これってほんまに良くなるん??」

って練習方法なんですよね。笑

要は構え方とロングトーンの方法を変えるって話なんですけど、

なんと言うか、効果に直結しにくそうな印象がある感じ。

だから、多分この動画見ても恐らくみんなはピンとこないやろうし、実践もしないだろうな、って思いながら作った感がある。

だから、Youtube始めた当初にこの動画出したい、って思ってたものの、

「伝え方が難しいな〜〜」

って思いながら今まで来た感がある。

でも、やっぱり

言いたいことはちゃんと言わなきゃだめ。

誰かの目を気にして行動できないとか、誰かの目を気にしてこう言うこと言わないとか、それって日本人の強みでもあるけど、

今年のコロナ禍の中で気付いた話で言えば、私はあかんことやったな、なんて思いました。(話変わった〜〜!!www)

ほら、関西弁でめっちゃ喋ってくる恐らく南大阪出身のニューヨーク在住のYoutubeの人おったやん。笑

あの動画めちゃ好きで、ぶっちゃけこのお姉さんのコロナに対する考えについては私はあんまり賛同できなかったけど、

ちゃんと意思を持つことと、伝えなきゃダメだな、って思いました。

ってめっちゃ壮大な話なったけど

wwwww

ジャズ用のマウスピースの吹き方に迷ってる方は、

「騙された!!!」って思ってやってみて欲しい。

やってみ!!

<script>” title=”<script>


<script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪