メキシコ旅行記④(気球に乗ってどこまでも)




今回は、中心部メキシコシティからバスで1時間程、

テオティワカンという街に行った話。

テオティワカン

テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡[1][2]。当時のアメリカ大陸では最大規模を誇り、メソアメリカの中心的都市として機能していた。

テオティワカン人の宇宙観、宗教観を表す極めて計画的に設計された都市で太陽のピラミッド月のピラミッドそして南北5キロにわたる道(「死者の大通り」)が基点となり各施設が配置されている。この都市で祀られた神々は、農業・文化と関係深いケツァルコアトルや水神トラロックチャルチウィトリクエ、植物の再生と関係あるシペ・トテックなどである。

wikipediaより

とのこと。

ま、距離的にいうと、

大阪から下道で奈良に行く感じやね。

私は本当にバカなので、このあたりの知識は全然なく、「ピラミッドがあるところか〜」くらいに思っていました。

実際見てみると、歴史的な街並み、少し田舎というか都会ではないのですが、
サボテンがめちゃ生えてたりなんかして、我々が想像する「メキシコ」って感じ!笑

気球のツアー

先ほども言った通り、テオティワカンには大きな2つのピラミッド、

「太陽と月のピラミッド」があるのですが、そのピラミッドを、

気球に乗って上から眺められるというツアーがあるではないですか!!

早速応募しました。

寒暖差の激しすぎるメキシコ

このツアーは、早朝から出発し、日の出とともにピラミッドを眺める、

というツアーでして、朝は6:00にホテルを出ました。

メキシコの日の出は日本よりも遅く、大体7:00くらいなので、外は真っ暗。

また、メキシコは赤道に近いのですが標高が高いので、朝と夜の寒暖差が激しい!!

朝と昼の1日に夏と冬を同時に体験できる!!くらい違います。このツアーに参加した時も、朝がめちゃくちゃ寒かったです・・・

しかし、気球の後のお昼前後にピラミッドの見学も予定しており、

ピラミッドはまた日陰がなく、昼ごろは気温がめちゃくちゃ上がると聞いていました。

「どうせ暑くなるし」と、薄いワンピース1枚で、念のために持っていった軽めの上着1枚だけで行きました。

これが大失敗。

気球に乗る前、そして乗ってる間も、めちゃくちゃ寒かったです。笑

気球に乗る前に・・・

気球に乗る広場に着くと、軽い朝食が用意されてました。(寒さにびっくりし過ぎて写真撮ってない笑)

バナナやクッキー、あとはコーヒー。これは、多分「メキシカンコーヒー」てやつだったのかもしれません。

砂糖も何も加えてないのに、ほんのり甘い。美味しかったです。



また、気球に乗る前には、「万が一落ちても知りませんよ」的な(多分笑)同意書にサインをしなければなりません。

「マジかよ」「落ちる可能性もあるってこと・・・??」

って思うと、早朝で寒いし怖いし、もう気分が最悪に落ち込みました。笑

いざ気球へ!!!

いよいよ気球に乗り込みます。

我々が乗る気球。

この勢いのある火を何回も「ボォ〜〜!!!」とやってました。笑

私アホなんで仕組みはよくわからないですが笑、

これが大事みたいで、乗ってる間も何回か火を出したり止めたりしてました。

乗り込むとこんな感じ。

出発!!!

色々準備した後、パイロットの方が操縦し、

大勢の男性のスタッフの方が気球を押したりしながら、出発!!


「ちゅ、ちゅ、宙に浮いてる!!!!」

そんな感じでした。笑

出発してしまうと、乗る前の「寒い怖い」が吹っ飛んで、

見たことのない景色にドキドキワクワク。感動でした!!!!

ピラミッドwith気球も。美しい・・・・

さらに気球は上昇していき・・・・

下から眺めていた他の気球を、上から見下ろせる位置に。

(もし今落ちたら死ぬやろな・・・)という気持ちが一瞬横切りましたが笑、

でもそんなことも忘れるくらい絶景でした。

時間にして、1時間くらい浮いてたと思いますが、めちゃくちゃ短く感じました。

そうこうしているうちに、もう着陸・・・

着陸し、トラックの荷台に気球ごと乗っけて、また気球乗り場に戻る、というコース。

割と揺れるし、意外と危ない。笑 日本ではありえない笑

気球のカゴの淵に乗ってヘラヘラしてました。

気球ツアーを終えて・・・

実は、このツアーはホテルからの送迎バス〜気球〜ピラミッド見学 まで、

全部で1万2、3千円くらい。

ちょっと高いし、怖いし寒いし笑、私の中では「怖い」が大きかったですが、

普段生活しててあり得ない体験ができて、

怖いけど勇気出して、このツアーに申し込んでほんまに良かったです。

もし何かの縁でメキシコ旅行を予定されてる方が、この記事を見ていただいていれば、

ぜひ参加していただきたいです!

次回は、テオティワカンのピラミッドについて!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪