Yanagisawaのマウスピースはめちゃくちゃ吹きやすい。

こんにちは、サックス吹きの田中静香です。

今回は、よく、「マウスピースは何を使っていますか」と聞かれるので、
使用しているマウスピースについて話してみたいと思います。

Yanagisawa メタルのマウスピース

今のところは、このYanagisawaのメタルのマウスピースで十分満足しています。

前の記事で少し話した、Yanagisawaって素晴らしいって話ですが、
まさにこの話ですね。
ものすごく吹きやすいです。

メタルのマウスピースだと、デュコフやオットーリンクなんかが主流というか、よく使われていますが、正直言って吹きこなすのは至難の業。

私も試奏をしたことが何回かありますが、やっぱりどれも難しい。
一回試して、もう一度何年か経ってから試したこともあるけど、いつになっても難しい。

もちろんリードの選択にもよるかもしれませんが、
だとすれば、リードをそんなに選ばなくてもいいマウスピースがあるのなら、
その方が効率がいいですよね。

そこで、このマウスピースに出逢いました。

正直、メタルは私はそこまで興味がなく、ラバーのマウスピースをずっと使ってました。
このマウスピースも、最初はそこまで期待してませんでした。
しかし、たまたま試してみたこのYanagisawaのメタルマウスピースが、
良すぎた!!!

メタル特有の、一歩間違えるとギラギラし過ぎる音が出るわけでもなく、
柔らかめの音色が出てくれる、本当に素晴らしい。
細かいジャンル分けがあるかと思いますが、JazzやFunk、どれにでも対応できるのではないかと思います。

付属のリガチャー

そしてやっぱり何よりも素晴らしいと思うのは、付属で付いているリガチャー。
結構、リガチャーは付属のものはあまり使わないことが多いと思います。
私もwoodstoneのリガチャーを長年使ってました。

このマウスピースに替えた時、リガチャーも付いていたのですが、何の問題もなくそのまま使えました。試しに、他のリガチャーを付けてみたのですが、確かに吹きやすかったけど、このままでも良いんじゃないか??
となる程。

コスパも考えて、そのままリガチャーを使っています。笑

やっぱり日本製はすごい!!

やっぱり、丁寧に仕上がっていると思う!!
SELMARを好むところが日本人にはありますが(私もそう笑)、
海外のミュージシャンに人気な日本製。
細やかさが他のメーカーよりも長けてると思う。

マウスピースを選ぶのに重要なこと

これは、たぶんこの先何度も言うことになると思うけど、
「〇〇が使ってるから」「良いっていう噂だから」

と言う情報だけでマウスピースを選ばないでほしい。

口の形が人それぞれ違うのと同じで、人それぞれ口の構造は違います。
また、イメージしている音も違うと思います。
はっきりとイメージ出来てなくても漠然と音色ってイメージがあると思います。

噂などに惑わされず、「自分が一番吹きやすいマウスピース」
を、実際試奏して選ばないといけないと思います。
私も過去に「〇〇が使ってるから」ってだけで選んでたものがあります。
しかし、うまく音が出ずに、すぐヤフオクで売りました。笑

そして、吹きやすいと思ったら、しばらくはそのマウスピースで練習してみてください。さらに選び出すとキリがありません・・・笑

なので、Yanagisawaのマウスピースも他の人にとってはあまりなのかもしれませんが・・・笑
また、マウスピースについては書いてみようかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪在住、Sax吹き、田中静香です。主にファンクやジャズをメインに活動しています。 このサイトでは、Saxや音楽についてや、趣味の海外旅行や、日常についても書いていこうと思います。 ライブやレッスンもやってます♪